是成会通信 Vol.99

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)検査・治療をおこなっています!

SASは睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、つまり無呼吸が5回以上繰り返される病気です。主にいびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。

SAS特有の眠気は交通事故を起こす危険もあり、早期に適切な治療をすることが大切です。

2003年の山陽新幹線運転士さんの居眠り運転はこのSASの眠気によって起こったことでした。この事例以外にもSAS患者さんの交通事故をよく耳にするようになってきました。

また、SAS患者さんの多くは高血圧、心臓病、脳卒中、糖尿病などの生活習慣病を合併しています。SASは生活習慣病と密接に関係しており、放置すると姓名の危険に及ぶこともあります。

その為、もし他人やご家族からいびきや呼吸の停止を指摘されたら受診することをお勧め致します。

また、寝ている時の様子はご自身ではわからないので可能であればご家族に同席していただいてください。

現在服用しているお薬についてもお伺いしますので、お薬手帳など服薬内容がわかるものを持参していただければ助かります。皆様のお役に立てれば幸いです。

診察時などお気軽にご相談ください。
睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)検査・治療をおこなっています!

久保病院 大西先生のご紹介

2018年12月から是成会久保病院で勤務していただいている大西先生のご紹介です。

この度、外科・整形外科・内科を担当することになりました大西克幸です。
外相、捻挫、骨折の治療、肩こり、腰痛、膝の痛み、五十肩などの痛みに関する専門的な治療、めまい、耳鳴り、しびれ等の自律神経失調症の方には東洋医学を用いた治療を行います。また、下肢静脈瘤の方には、手術とほぼ同等の効果のある静脈注射による外来での治療を行います。お気軽にご相談ください。

医療法人是成会のコンセプト

「すべての方に対し身内と考えて接します」という法人理念より患者さん・利用者さん・ご家族さん、一緒に仕事をするスタッフまたお取引いただいている業者さんのことを考え、やさしくやわらかなイメージを表現しています。
KUBOのKをデフォルメし、グリーンは自然、ブルーは空を表し、医療法人是成会は自然と共生し、患者・利用者さんや環境にも配慮した法人であるというメッセージマークとしました。